スマホの契約見直しませんか?

スマホを購入したら、ネットに繋げられる状態にしなければなりません。
ネットに繋げて初めて、アプリをダウンロードしたりSNSで友達とやり取りしたりできます。
携帯ショップで端末を買った場合には、携帯ショップのスタッフが必要な設定や手続きなどを済ませてくれますが、ネット通販でスマホの端末を購入した場合には、自ら設定しなければなりません。
中古の端末を使う場合も設定は最初の設定が必要です。
MVNO業者の回線を利用する目的で端末を携帯ショップ以外の店舗から購入する人も多いですが、設定が複雑で困惑してしまう人が少なくありません。

端末を購入した後に行う最初の設定は、分かりにくく難しいと感じてしまいがちですが、特殊なテクニックを必要とするものではありません。
MVNOで公表している設定方法に従って操作するだけで、端末を使える状態にできます。
契約手続きは複数のプランの中から選ぶ形式になっている業者が多いですが、プラン選びでやや知識が必要です。
1ヶ月の通信容量でプランが分けられていることが多いため、普段どのくらいの通信をするのか把握しておくとスムーズに行きます。
自宅に固定回線があるかどうかも関係してきます。
固定回線があれば、新規でインストールするアプリのダウンロードやアプリをアップデートする際に、自宅で行うとスマホの回線で容量の多い通信を行わなくて済みます。

スマホ 現在使用しているスマホの端末で、1ヶ月の通信量を測定し、アプリのダウンロードやアップデートの分だけ除いてみると分かりやすいです。
自宅外でスマホを使用する際に、SNSやメールを送受信したり、文字がメインのWEBサイトを少し閲覧する程度しか使わないのであれば、通信容量が少なめのプランを契約して問題ありません。
文字のデータは容量が少ないため、通信量が少ないプランなら料金が安く済みます。
自宅外で動画サイトを頻繁に閲覧する場合には、少し容量が多めのプランを契約すると無難でしょう。

契約手続きを済ませる際、MVNO業者の多くはネット上で済ませられるようになっています。
実店舗を持つ業者であれば、書類を書いて提出することが多いです。
スタッフと対面して契約する仕組みであれば、分かりづらいことはスタッフに質問して疑問点を解決してから書類を記載するといいでしょう。
容量が多めのプランを勧められることもありますが、普段の通信量があまり多くなければ、無理に容量の多いプランを選ばなくても大丈夫です。

スマホ契約でオプションをつけるべき?

スマホのお店 スマホ契約の際に、店舗スタッフからオプションを付けるように勧められることがあります。
ネット上で契約手続きを済ませられるタイプの業者でも、オプションを勧める旨の記載が表示されることが多いです。
オプションの内容が分かりづらい場合でも、心理的に付けないといけないように感じてしまう場合もあるでしょう。

オプションは契約時には特に付けなくても問題ないケースが多いです。
オプションを付ける場合には、オプションの内容についてよく理解しておく必要があります。
ほとんどの業者でオプションの内容は複雑にしてあります。
そのため、本当は付ける必要がなくても、付けてしまう利用者が多いです。
オプションが多ければ多いほど料金も高くなるため、本当に必要なオプションだけを付けるようにしましょう。
オプションの内容が分かりづらいのであれば、スタッフに質問して確認するとよいです。

オプションを付けないで契約手続きを済ませた場合には、心理的に焦りがちですが、多くの場合は事後的にオプションを追加することが可能です。
まずはオプションなしでスマホを使ってみて、不便を感じたら、後からオプションを付ける方法を採るのがいいでしょう。
特に不便なく使えるようであれば、そのままオプションなしで使用すれば料金的にもお得です。
通信量に関しても、事後的にプランを変更できます。
実際に使用してみて、契約したプランで通信量が足りなくなることが多ければ、事後的に通信量がワンランク上のプランに変更するといいでしょう。
季節によって多く使うときとあまり使わない時期がある場合には、まめにプランを変更するのも1つのテクニックです。

契約したばかりの頃は必要だったオプションも、使用環境が変わることで、必要性が低くなることもよくあります。
使わないオプションを付けたままにしておくと、もったいないです。
オプションだけ外すこともできるため、利用状況を見て必要ないと判断したオプションは早めに外しておくといいでしょう。
MVNO業者であれば、ログインした状態で簡単な操作をするだけでオプションを外せるところもあります。
店舗で契約したのであれば、端末を店舗に持っていって手続きを済ませるといいでしょう。
忙しい場合には店舗に電話をして本人確認などを済ませれば、手続きが完了することが多いです。
オプションを外すことで割引などのサービスを受けられなくなってしまう場合もあるため、なるべく慎重に判断しましょう。