回線工事が必要とか必要じゃないとか、ややこしい!

新たにインターネットを繋げようと思った時、光回線だったら、回線工事が必要になります。
戸建てや賃貸のマンションで違ったり、マンションによって屋内工事が必要だったり、必要なかったり。
様々なパターンがあり、非常にややこしくて難しいと思っていしまいますよね。
そんな方のために今回、回線工事についてわかりやすく説明していきたいと思います。

光回線はまず大きく分けると、戸建てと、マンションで分けられます。
新規の戸建てで光回線を繋げる時は、必ず回線工事が必要になるでしょう。
まず電信柱から家まで光ケーブルを繋げる「屋外工事」をします。

次にその光ケーブルを家の中まで繋げて、それをルーターなどに接続できるようにする「屋内工事」を行います。
この工事は立ち会いが必要で、費用は約2万円以上が相場です。
賃貸の戸建ての場合、以前住んでいた人がすでに回線を繋げている場合もあります。
その時は工事は必要ありません。
マンションの場合は少しややこしいです。
一言で言うと建物によります。
まずは管理会社か大家さんに確認しましょう。
どこまで回線が繋がっているのかを確認し、また工事が必要な場合は許可も貰いましょう。

最初から光回線導入済みの建物もあります。
ほとんどの場合、賃貸の契約書にも書いてあると思うので、わかると思います。
このパターンが1番簡単です。
このパターンの場合申し込むだけ、比較的早くにインターネットを利用することができるでしょう。
費用も安く約7千円前後くらいの初期費用が相場です。

逆に、屋内から屋外まで全部の工事が必要な建物もあります。
まったく光回線が繋がっていない建物では戸建てのように、電信柱から光ケーブルを引っ張ってくる所から工事が必要です。
その場合やはり費用も高く、約2万円以上の料金がかかってくるでしょう。
マンションの場合は、とりあえず管理会社か大家さんに確認をとるのが第一ですね。
一般的に光回線は戸建てよりも、マンションの方が比較的安い費用で利用できます。
工事費だけでなく、毎月の料金もマンションの方が安くなっています。

しかしそんなマンションのインターネットにもウィークポイントがあります。
マンション内で利用が集中したら通信速度が遅くなることがあるんです。
マンションでは最終的には一つのケーブルですので、その一つになった部分で渋滞が起き、通信速度が遅くなる場合があります。
マンションタイプも良いことばかりではないんですね。
とは言っても、光回線ですので、遅くなったところで、高速インターネットであることは間違いありません。