光回線とプロバイダの関係が素人にはわからない

光回線とプロバイダの関係が素人にはわかり難いとされています。
インターネットを利用するにはインターネット回線の利用と、サイトを見て回るのに必要な接続契約が必要になります。
光回線は光ファイバーケーブル回線のことでこれは高速回線であり高速道路に例えられます。
この道路以外に従来の電話線を利用したADSLや通信会社が独自に引いたCATVと呼ばれるケーブルテレビ用の道路もあり利用料が必要になります。

回線業者はNTT東西とかKDDI、電力会社系、CATV、WiMaxなどがありCATVの場合には光回線と同軸ケーブルを組み合わせたハイブリッド回線になっています。
ケーブルのモデムがデータ通信を変換しているのでプロバイダーの概念はなく通常の光回線よりは品質は良くないとされています。

光やADSL回線を利用して実際にサイトを見て回るには接続業者であるインターネット・サービス・プロバイダーのISPと契約し、IDやパスワードを発行してもらい接続料金を支払うことになります。
ISPは回線業者にそれを使わせてもらってインターネットが見える状態へ導くという関係を持っていて、付加サービス提供者でもありOCNを始め色々な業者が存在し、それぞれ利用料金も違います。

光回線は電話回線と違って基地局から距離が離れても気候等の影響を受けず通信損失が少なくて、ノイズにも強いので安定した通信が行えるようになっているものです。
通信速度は20Mbpsから100Mbps、1Gbpsや2Gbpsなど色々で時間帯による混雑状況とか、ISPのサーバーの置かれている地点の設備機器の幹線の太さによっても数値は大きく変わることがあると言われています。
従ってISPは素人にとってはどこを選択しても通信速度は一定のようにとられがちですが選択の仕方にもよると言えます。

経済的な料金で利用したい場合にはNTT東・西日本とExciteのプロバイダーがおすすめですし、回線速度を優先して利用したい場合にはNuro光を選択すれば最大2Gbpsという新技術を導入した他社の回線速度の2倍という世界最速で利用できるようになりますのでゲームや動画のダウンロードもストレスなく利用できこれもおすすめとなります。
2013年からso-netが提供している光回線で人気がありますが、現在のところ東京を中心とした関東地区限定にとされていますが、2018年からは利用できるエリアが拡大されて、東海地方や関西地方も利用できることになっています。
企業系や電力会社系はご当地光ファイバーとも呼ばれ、地域密着型のサービスが提供されていて地域によってはフレッツ光よりもシェアが高いとも言われているそうです。